甲(こう)のオーミー

子供の耳管の仕組みは、大人の耳管と比較して幅が広くて長さがなく、かつ水平に近いため、細菌が入りやすくなっているのです。幼い子どもがよく急性中耳炎を発症するのは、この事が関わっています。
薬剤師転職 松戸市
ストレスが溜まっていく理屈や、有用な抗ストレス法など、ストレスに関しての正確な知識を勉強している人は、多くはありません。
緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝りや首のこり、張りが要因の肩凝り頭痛で、「頭を締め付けられるような強い痛み」「頭が重苦しいような頭痛」と言われています。
鍼灸用の針を痛みの発生源に刺す、という直接的な程よい多数の刺激は、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスという通称の電気信号の化学伝達を招くと言われているのです。
インフルエンザ(流感)に対応している予防対策や医師による治療といった類の原則施される措置そのものは、それが季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであっても同じです。
体脂肪率(percent of body fat )」というものは、体内における脂肪が占めている比重であって、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(weight、キロ)×100」という数式によって弾きだせます。
エイズ(AIDS)とはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によって起こるウイルス感染症の事で、免疫不全に至り些細なウイルスなどによる日和見感染や悪性新生物等を発症する症候群のことを称しているのです。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新薬の特許が満了してから約4週間後には、製薬市場の約8割が後発医薬品に替わるようなクスリもあるほど、ジェネリックジェネリック医薬品後発医薬品)は世界に知られています。
日本における結核対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に沿って進行されてきましたが、56年後の2007年からは多くの感染症と供に「感染症予防法」に従って行われることに決まったのです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常が誘因で引き起こされる発疹で、皮脂の分泌が異常をきたす因子としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンのバランスの崩れ、ビタミンB群の不足などが考えられます。
一旦歯の表面を保護している骨を浸食するほど拡大してしまった歯周病は、多分病状そのものが安定することはあっても、なくなったエナメル質が元の量に構築されることは無いに等しいのです。
フィトケミカル(phytochemical)の一種のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓の持っている解毒酵素そのものの正常な生産を支えているかもしれないという新たな事実が判明しました。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もしなくても燃えてしまうエネルギーのことで、大部分を様々な筋肉・一番大きな内臓である肝臓・頭部の脳で占めるということです。
チェルノブイリ原発の爆発事故に関する長期間に及ぶ後追い調査の結果では、成人に比べて体の小さな子供のほうが放出された放射能の悪影響を一段と受けやすいことが理解できます。
狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法としては大体「大動脈内バルーンパンピング法」もしくはグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス手術(CABG)」の2種類の手段が活発に活用されています。